攻めのセミリタイア、守りのセミリタイア

攻め
広告

 

どーも。いわしです。

(注意:腐女子歓喜な記事ではないです!)

 

セミリタイアって若いころから貯金や投資をしておいて定年を待たずに仕事を辞め悠々自適な生活を送り、生活の為、給料の為に仕事を行うのではなく自らが行いたい時に仕事を行うってことだと思うんですね。

 

そんなセミリタイアですが、セミリタイアって大きく2種類のセミリタイアに分ける事ができると思うんです。

 

それが本記事のタイトルにもなっている「攻め」「守り」です。

 

⇨理想のセミリタイアとは?

広告

攻めのセミリアタイア

攻めのセミリタイアっていうのは、セミリタイアの元祖大橋巨泉さんのようなセミリタイアの種類を指します。

※ちなみにセミリタイアは昔大橋巨泉が記者会見で当時出演していた「ギミア・ぶれいく」以外の番組を降板する際の記者会見で使った言葉なんですよ!だからセミリタイアの元祖は大橋巨泉さんなのです。

 

タレント、司会者として大人気となり、その後自分で事業を行ったり自分がしたいことを行ったり、また日本にいる間(現在は日本での生活より海外での生活のほうが多い)は今でも稀にテレビ出演を行ったりとしたいことをして正にセミリタイアを目指すものとしての理想とも言える生活を送っておられます。

 

これが「攻めのセミリタイア」だと思います。

 

僕も目指しているセミリタイアそのものですね。

守りのセミリタイア

一方攻めのセミリタイアとは真逆の守りのセミリタイアですがどんなものかといいますと。

 

若い頃から貯金や投資でお金を貯め、自分が寿命で死ぬまでの間生活できる程度お金が溜まった段階で仕事を辞めその貯金を食い潰して生活を送っていくというのが守りのセミリタイアです。

 

このようなセミリタイア生活をしている人がブロガーの方々には非常に多い印象です。

 

この書き方だと守りのセミリタイアを送っている人が悪い、揶揄しているような書き方に見えますがそんな意図はないっすよ。

 

総括

攻めのセミリタイア、守りのセミリタイアについてちょちょっと書きましたが、何を言いたかったかというと僕は常に攻める側でいたいということです。人生においても、ベットの上でもです。

 

 

お金3000万貯まったよーよし仕事嫌いだし働くの辞めて節約生活送って死ぬまですーごそっと!ってセミリタイア生活を送るのではなく。

 

 

よっしゃお金貯まったし、とりあえず仕事辞めてなんか自分がやりたいことでお金もっと貯められないか考えて、且つ自分がしたいこと一杯しよーっと

 

 

みたいな生活を送りたいわけですよ。

 

ただセミリタイアしたいだけじゃなく、攻めのセミリタイアがしたいわけなんですよ。わがままでしょ?

 

まぁそんな感じで僕の憧れは大橋巨泉さんなんですよって話。

 

こんなことをうだうだ書いても明日はいつも通り仕事に行くわけですね!

うん。つらい!

 

終わり。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です