隠れた名作漫画おすすめ10選を紹介する!マイナー漫画にはさせない

9l025WFe3nzoFIB1517106147_1517106156
広告

いわしだ。

俺はちっちゃな頃から漫画好きなんだけれど、滅茶苦茶面白いのにネット上で出てこない作品が多くあるんだ。

「漫画 おすすめ」って検索すると、似たような作品ばっかりで「俺が好きな作品入ってないんですけどーーーー」ってなる時が多々ある(とゆうか同じような記事が乱立しすぎ)。

そこで、今回はいわゆる隠れた名作漫画を集めてまとめてみた。

隠れた名作漫画選定基準
  • ‘隠れた’の基準としては、「漫画 おすすめ」で検索した時にほとんど出てこない作品
  • 俺が好きな作品を淡々と紹介
  • 少年漫画、少女漫画、青年漫画、ジャンル問わずごちゃまぜで紹介
広告

隠れた名作漫画10選

ノゾキアナ / 本名ワコウ

ノ・ゾ・キ・ア・ナ(1) (ビッグコミックス)

「私と覗き合いしませんか?」

専門学校に通うために上京し、住み始めたアパートで城戸龍彦は偶然壁の穴を見つけてしまう。

壁の穴が気になり覗いてみると、隣に住む美少女生野えみるが自慰をしている最中だった。

弱みを握られてしまった龍彦はえみるの提案で、

一日毎に覗くことができる権利を交換する覗き合いをすることになってしまう。

「覗き合い」という非日常にドギマギしながら日々を過ごす龍彦と、それを楽しむえみるとの謎の関係性。

凄い引き込まれるストーリー性がとても魅力的な作品。終盤になるに従い明らかになるえみるの過去。「上手く風呂敷をまとめたな。」と当時は感心したものだ。

同作者が書いたスピンアウト作品「ノゾ×キミ(1) (少年サンデーコミックス)」もおすすめだ。

 

プリティフェイス / 叶恭弘

プリティ フェイス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

空手部主将で最強の高校生・乱堂政が大会の帰りに事故にあってしまう。

事故にあってから一年後、病院のベッドで目を覚ました乱堂は片思いをしていた少女・栗見里奈の顔になっていた。

病院から抜け出した乱堂は偶然里奈にあってしまい、里奈の双子の姉である由奈と間違われてしまい一緒に住むことに。

きたね。ジャンプ史上最強のラブコメ漫画!

恋する少女と一緒に住むなんて誰もが羨むことなのに、家族と間違わられ、しかも女の子として暮らさなければいけない羨ましくもあり大変な生活を送るラブコメ。

本当に名作であった。「エム×ゼロ」の作者の前作漫画。

 

REC / 花見沢Q太郎

REC 16 (サンデーGXコミックス)

製菓メーカーに勤める松丸文彦は偶然立ち寄った映画館で声優の卵である恩田赤と知り合う。

赤のアパートが火事になり家に連れ帰ったことがきっかけで同棲をすることになる。

同棲している状態から物語がスタートするラブコメ漫画。

日常系漫画としてまったりほんわかラブコメを読みたい人にはとくにおすすめできる作品。

赤の子供っぽい見た目と中身の成長を楽しみに見ていても面白い。

 

ワシズ 閻魔の闘牌/原恵一郎

ワシズ 閻魔の闘牌 1

アカギのスピンオフとして、アカギのラスボスとして登場する鷲巣様の若い頃の活躍を描いた作品。

福本作品のスピンオフとしては、最も頭がおかしい作品と言えるだろう。

鷲巣様好きには是非、この漫画を読んでさらに鷲巣様の虜になってほしいものだ。

Amazonのレビューを見るとあまり良い評価ではない、個人的には結構好きなんだけれどなぁ。

 

ib-インスタントバレット/赤坂アカ

ib -インスタントバレット-(1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)

この作品を紹介したいがために本記事を作ったといっても過言ではない。「かぐや様は告らせたい」の作者の前作漫画。

不遇な境遇に生まれ育ってしまったことから、どこか歪んでしまった少年少女が、インスタントバレットという能力に覚醒し、世界を破滅に導こうとしたり救おうとしたりする物語。

冒頭からダークな世界観で、ダークファンタジーが好きな読者には絶対におすすめしたい作品(ダーク一辺倒でもないけどね)。

作者はラブコメを書くだけあって、キャラクターの心理描写や、思考の盛り上げ方が上手く、キャラクターに感情移入しやすい。

こんなにクッソ面白い漫画なのに打ち切りになってしまった不遇な作品。「かぐや様は告らせたい」を円満に終了させたら、是非是非、この作品の続きを……(かぐや様もすき)。

 

クレイモア/八木教広

CLAYMORE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

終わり方がここまで美しい作品はあるだろうか、いやない。

人間を捕食する「妖魔」に対応するために作られた「半人半妖」の女戦士クレイモアが存在する世界を舞台に、クレイモアの中で最弱であるクレアを中心とした、戦いの物語。

ネタバレができないのが心苦しいところだが、伏線をしっかりとはっており、最後の最後でそれらを回収できたところが素晴らしくて、俺の中でここまで鳥肌がたつラストを飾れた作品は他にはない。

ダークファンタジーの漫画としては一番好きな漫画といっても過言ではないほど好きな漫画。ダークファンタジーと王道漫画のいいところを掛け合わせた漫画みたいな?

 

あそびあそばせ/涼川りん

あそびあそばせ 1 (ジェッツコミックス)

表紙だけみると「あ、最近良く見る萌え系漫画ね。はいはい」となるかもしれないね。

実態は萌え要素はほぼない…。気をつけろ!!

真面目な風貌のバカと外国人っぽいバカと見た目通りなバカの3バカが織りなす女子中学生の日常系漫画。

作者の頭のなかはどうなっているんだろう。この人大丈夫かな?と心配になるような個性的な漫画である。

絵柄はこんな感じなのに、ひどいシュールな日常系ギャグ漫画。

 

ライジングインパクト/鈴木央

ライジング インパクト 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

田舎に祖父と二人で暮らしている小学生ガウェインが、療養のために訪れていたプロゴルファー西野霧亜と出会いゴルフの魅力に取りつかれ、世界の強豪(ライバル)たちと競い合い成長していく話。

ゴルフは全く知らないし、会社員になったのに一回もやったことないけれど、それでも滅茶苦茶好きな漫画。

鈴木先生の作品はこんなに面白いのに有名になりきれていなかったが、「七つの大罪」でやっと日の目を浴びることができて、自分ごとのように嬉しいです(ライジングインパクトのが好きです)。

結構昔の漫画なのに、今思えば色々な属性を持ったキャラクターが多かったな。

ツンデレキャラとか、男の娘みたいなのとか、小学生なのにおっさんとか。

 

ノノノノ/岡本倫

ノノノノ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ノルディックスキージャンプを題材にした、とある理由から男の子のふりをした女の子の物語「極黒のブリュンヒルデ」の作者の前作漫画。

内容としては、ジャンプコミックスっぽく、結構熱い部分だったり、人間の闇の部分とかが描かれていて結構すき。

カヌー薬物混入事件があった時に、この作品が真っ先に思い浮かんだ(似たような話がある)。

 

ダブルアーツ/古味直志

ダブルアーツ 1 (ジャンプコミックス)

何故打ち切りにした。。。

感染すると消滅してしまう未知の奇病「トロイ」が蔓延する世界で、感染者の毒を吸収することができる「シスター」として巡回をしているエルー。

「シスター」は感染者の毒を吸収することができるがその代償として、いずれ自らも「トロイ」に感染してしまう宿命を持っている。

ある街での巡回中遂にエルーが「トロイ」を発症してしまう。そこに居合わせたキリが偶然エルーの手を取ったことで発症が収まる。

手を離すことでエルーの「トロイ」が発症してしまうため、二人は一切手を離さずに旅を続ける。

滅茶苦茶面白くなりそうな漫画でさー、当時は毎週楽しみにしていたんだよ?

なんで打ち切りにしたーーーーー!!!!(カカロット風)

作者は小学生の頃から構想を考えていたということで、「ニセコイ」終わったし、ダブルアーツも一回やろ?ね、やりましょうよ!

 

まとめ

本当はね、「惑星のさみだれ」とか「幼女戦記」とかも紹介したかったんだけれど、これらの作品はすごく紹介されているのね。

一般的にはマイナーだとは思うんだけれど、ネット上だといっぱい出ているので、グググッと堪えて紹介をやめた。

「この漫画知らなかったけれど、面白そう!!」と思っていただき、是非手に取ってくれたら嬉しい限りです。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です