「人前で話すのが苦手で避け続けてきた」俺が100人の前で緊張せずプレゼンできた方法

人前で緊張せずに話す方法
広告

どーも。緊張研究家のいわしだϵ( ‘Θ’ )϶。

 

俺は「人前で話すことが本気で苦手」であり学生時代から社会人になるまでずっと避け続けてきた。

小中学生時代は先生に「わかる人手あげてー」て言われても120%手をあげないし。

 

グループでプレゼンをしなければいけない授業があった際にもなるだけ発言をしないポジションを率先して引き受けてきた。

 

どうしても人前で発表をしなければいけない時は腹を括って発表していたが、それはそれは酷いもので声や手が震えるのは当然台本用意しないと頭が真っ白で何も話せないのも勿論。

それに加えて台本を用意しても「早く発表終わらせて解放されたい」という思いから台本の内容をはしょって意味がわからない発表になったりしていた。(マイク持っている時の手の震えようが凄かったのを10年経った今でもネタにされたりする)

 

 

間違いなく人前で話すのが苦手な人間の中でも重症な方であろう。

 

 

上のように人前で話すのを避け続けてきた俺だが仕事で上から依頼され避けることはできず、100人の前でプレゼンをしなければいけない状況になってしまった。

 

 

幸いプレゼンすることが決まってから実際のプレゼンまでに半年程期間が空いておりその期間で苦手を克服しようと決意を決め、複数のポイントを抑えて練習をすることで本番のプレゼンでは成功することができ上からの評価も上々だった。

 

そこで「人前で話すのが現在進行形で苦手なおまえら」に俺が緊張せずうまく話せるようになった方法をお伝えしていこう。

 

広告

自分自身に根拠のない自信を持ってみる

最も大事なこと。「自分に自信を持つこと

自分に自信さえあれば緊張ってあまりしないのね?

 

例えばさ「先輩」と「後輩」どっちの前で話すのが緊張するかっていうと当然先輩の前で話す方が緊張するよね。

これは後輩より立場が上であり「後輩よりも優れている」という感情が働き、後輩より上だ!!と認識し自分に自信を持つことができるためである

 

つまり人前で話す際に「自分はここにいる誰よりも上だ」という認識を全ての人に持てればいいんだよ。

 

この認識を持つ方法が「根拠のない自信を持つ」ということ。

自分に根拠のない自信を持つ方法に関しては「今日から始める!自信をつける3つの方法」という記事を以前書いたので、こちらを参考に自信をつけてくれ。

 

話す内容に自信を持てるよう準備を行う

自信つながりでこのまま書いていくけれど、「自分の話す内容に自信を持つこと

これもすごい大事。

自分に自信があればある程度カバーできるとは思うけれど、さらに自分が話す内容に自信を持つことができれば更に緊張しなくなる

これに関しては経験則でわかるかなーと思うけれど、

例えば人前でも簡単な算数の問題なら緊張せず回答できると思いません?

どんだけ多くの人がいても「1+1は?」とか言われたら普通に答えられるよね?(極端だけれど)

これがプレゼンという普段行わず自信がないことになるから緊張しちゃうんだよ。

 

発表内容に自信を持つために俺は話す内容を文字に起こして伝えるべき内容が過不足なく含まれているか、発表用資料に問題がないかを何回もチェックし、先輩にも時間を使ってみてもらうといことで自信を持てるよう準備を行った。

 

プレゼンの実践練習をひたすら行う

「自分自身に根拠のない自信を持つこと」、「話す内容に自信を持つこと」ができた後で必ずやるべきだと思う。

プレゼンの実践練習を行う

これよ。

仕事で人前で話すなら先輩に少し時間使って練習させてもらったりとか、同期にみてもらうでもいいけれど、必ず人に見せる形でプレゼンの練習を行おう。

俺の場合はプロジェクト内でこのプレゼントは別に行わなければいけないプレゼンがあり、そちらの練習でめちゃくちゃ先輩の時間を借りて練習した。

そこでいただいたフィードバックもそうだし、自分自身の慣れという点でも非常にためになった。

 

人前でプレゼンを行うとそれに対するフィードバックがもらえるということもあるし人前で話す感覚みたいなものが養えるので良い。ということだ。

 

誰でも緊張はするものだという認識を持つ

正直ほとんどの人間は大なり小なりあるが人前で話すときに緊張しているものである。

そう思うと少しは緊張が和らぐべ?

この認識は常に持っておこう。

 

終わりに

人前で話すのって緊張するよねー。俺の記事をみて少しでも緊張が和らぐことを祈っております。

色々書いてきたけれど大事なのは”自信”!!

 

この自信をいっぱい持てるよう努力してくれ。

おーわり。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です