「人生つまらない…」と嘆く社会人へ。人生、本気で考えていますか?

UrBri8Aa2Op5cqI1518420597_1518420609
広告

「社会人になってから、人生がつまらない…」って言葉をよく耳にします。

2chやネット上はともかくとして、現実世界でも、そういう話を聞く。
というかぶっちゃけ、自分自身も1年くらい前までは同じように感じていて、軽く人生に絶望していました。

 

今は「自分のやりたいことをたくさん探して、成し遂げてやろう」という希望があって、そのために行動していたりします。

過去の自分と同じように、「人生つまらない」と嘆いている社会人の皆さんが、少しでも、自分の人生を、肯定的に捉えられるようになれたらなと思い、つづります。

広告

「人生つまらない」人は自分の人生、本気で考えていない。

人生つまらないと考える人って、なんでつまらないのかな。

一つ一つあげていったらきりがないのはわかっているけれど、ありがちなのは「希望に満ちた将来が見えない」、「仕事が辛い」、「イベントがない」とか?

 

ちなみに、これ全部俺が1年前まで思っていたことです。

  • 「あと、40年以上も会社と家を往復するだけの人生か…」
  • 「毎日毎日、仕事で夜遅くまで身を粉にし残業して、稼いで何になるんだろう…」
  • 「休みの日に友達と麻雀するの楽しいけれど、なんというか劇的なイベントがない…」

ってかんじに心の中で愚痴ってた。

 

この時期は、4年付き合っていた彼女に振られたり、仕事でミスを多発したりと精神的に消耗していた時期ではありましたが。

 

結局全て、自分の人生を本気で考えていなくて、周りがどうにかしてくれる。あるいは周りが悪い。とかっていう受動的な考えでいたための思考でした、お子ちゃまだ。

 

周りが良い環境を作ってくれたり、どうこうしてくれるのって、学生までだよ(自戒)。

学生のうちは、親がある程度、将来の道筋を示してくれたり、学校行ってれば、期間ごとにイベントをやってくれたり(文化祭、テストetc)とかで、受動的でも、やるべきこと・目標が与えられるし、楽しめた。

 

ところが、社会人になると自分で何か考えて、行動しようとしないと、仕事に忙殺されるだけの日々になり、イベントも起きず「人生つまらない…」ってなっちゃう。

 

自分の人生、本気で考えず「人生つまらない」って思考に陥り、愚痴だけ言ってませんか?

 

社会人でも自分の人生を考えている人ってかなり少ない

rKn1y_7cF76scNu1512888710_1512888759

学生からしたら、びっくりするかもだけれど、社会人でも自分の将来を考えていない人って多くいる(学生には偉そうにいうくせにね)。

 

入社前は将来に希望を持って入った人が多いかもしれないけれど、入社してからは特にやりたいこともなく、上司や顧客の要望をただただ聞いて働いているって人が多いんだよね。

 

会社でやりたいことはないけれど、お金を稼ぐために、プライベートのために割り切って働いているって人が多いんです。

別にそれ自体を否定するわけではないけれど、割り切ってお金のために、嫌々40年働くのと、楽しみながら40年働くなら、絶対後者がいいよねって思う。

 

自分の人生考えていない人は、そもそも「楽しく」働けるってことが選択肢にないのかなと思う。それも、自分の人生を考えていないから選択肢にないんじゃないかな。

 

自分の人生、本気で考えてみませんか?

なので、俺は人生を楽しく生きるために、自分の人生、本気で考えてみませんか。という提案をします。

自分がどういう状態なら幸せを感じるか、どういう仕事をしたいか、何か成し遂げたいことはないか。っていうのを、馬鹿らしいかもだけど、一杯本気で考えてみましょうよ。

 

これが、人生を楽しく生きるための第一歩です。

 

考えるなら早ければ早いほどいい

今、あなたが20歳だろうが、30歳だろうが、未来の自分の中で最も若いのは今の自分です。

未来の自分も「人生つまらない」とか嘆いていたら嫌じゃないですか?俺なら嫌です。
その未来を変えられるのが今の自分なんですよ。

 

それに、早く考えて早く行動した方が、軌道修正もしやすくPDCAも回せるし絶対的にお得なんですよ。

ウォータフォール型のシステム開発もそうですよね?早い段階でミスに気づけた方が、修正はしやすいんですよ。コーディング段階より、設計段階。設計段階より要件定義段階です。

だからこそ、考えるなら早ければ早いほどいい。

 

自分のやりたいことを探すのって結構難しい

んで、人生について本気で考えようと思い始めることができたら、一つの壁にぶつかると思うのね。

やりたいことが見つからないという壁です。

 

特に俺みたいに、学生時代は完全に受動的で周りや環境に任せていた人間とか、子供時代から周りの大人たちに「あれはダメ、これはダメ」みたいに言われて育った人、社会人で長い間、思考停止して働いていた人、なんかは特にそう。まずここで、壁にぶつかる。

 

俺も実際に壁にぶつかりました。そういう人は、月並みかもだけれど、子どもの頃の夢だとか、今までやってきて楽しかったこと、嬉しかったこと。を振り返ってみるといいかもしれない。

参考程度にだが、以前、俺は別記事で「ブログを通じて叶えたい人生の目標」ということでこんなことを書いた。

ブログを通じて叶えたい人生の目標

  • ブログで稼いで経済的自由を手にいれる
  • 47都道府県全部の県に住む
  • 街コンに参加してくれる人を増やして日本にカップルを多く誕生させる

今の俺なら、上記以外に、「多くの人に感謝されるようなブログ記事を書きたい」、「後輩を育てたい」みたいなのもある。

これらのやりたいことは、どこから出てきたかっていうと、全て自分自身の経験から出てきた。

 

たとえば、「街コンに参加してくれる人を増やして日本にカップルを多く誕生させる」っていうのは、自分自身が街コンに参加してみて面白かったし、恋人ができるって幸せなことだって経験としてわかっているから、それをみんなにも共感して欲しい。っていう欲求から生まれてきたわけだね。

 

「多くの人に感謝されるようなブログ記事を書きたい」っていうのも、コメントを貰った時とか滅茶苦茶嬉しくて、もっともらえたらもっと嬉しいな。っていう気持ちからだ。

 

なので、経験から自分がやりたいこと、成し遂げたいことを探すっていうことをおすすめするよ。

 

人生でやりたいことができたら、あとは行動あるのみ

やりたいことができたら、あとはやりたいことをするためにどうすればいいかということを考えて、行動するだけだと思うのです。

「行動するだけ」って書き方をしたけれども、難しい場合もあるのはわかっている。

 

「やりたいことをするために仕事を辞めなければいけない」とかだと、かなりの大きな決断になるよね。

それでも、今後も嫌な思いをいっぱいして、楽しくないまま人生を終えるかもしれないってことを考えたら、自分がやりたいって気持ちを大切にしてあげて、行動するべきだとは思う。

 

自分の人生に希望を持てない人へ

自分の人生いくら本気で考えても、希望を持てないって人もいると思う。

でもさ、そうやって絶望したまま、卑屈に生きていくのかな?何十年生きるかはわからないけれど、ずっとその思考で生きていくのは辛くないですか。少しでも楽しみたくないですか。

 

俺だって、周りと比較して劣等感を覚えて絶望する時なんていくらでもあります。

(全部ブログネタにしているけれど)髪が薄くなり始めてたりスタイル悪かったり腕毛が濃かったり、周りと比べて劣っているな。と思うときはある。でもね、それでも必死に克服しようとしていたりします。

もちろん、俺の悩みよりもっと大きな悩みを抱えている人もいるでしょう。

 

けど、今持っているリソースで戦うしかないんだから、自分のリソースを把握して最大の成果を出せるようマネジメントしてあげるしかないんですよ。

 

「人生つまらない」って卑屈になって、人生生きるんじゃなくて、必死に自分の人生について考えて少しでも好転できるようにしませんか?

 

会社員だからって会社のことだけ考える必要はない

会社員って勘違いしがちかもだけれど、会社員である前に一人の人間なのです。会社のことを考えるより、まず自分のことを考えてあげましょうよ。

 

周りの人を見ていると、会社のこと、仕事のことは一杯考えているのに、自分のことは考えず無頓着な人が多いような気がしてます。

 

会社のことは会社に属している人間がいっぱいいるので、考える人も一杯います。
でも、自分のことを考える人は自分しかいないんです。

 

なので、会社のことを考えるのも大事ですが、自分のことをもう少し本気で考えてあげて、より満足できる楽しい人生を送りませんか?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です