ラーメン二郎 歌舞伎町店に行ってきたので感想を書くよ

二郎
広告

どーも。いわしだ。

俺は大のこってり背油とんこつ醤油ラーメン好きのデブだが、ここ1年程ダイエットということでラーメンを抑えていた。

ラーメンを抑えるのに加えいわゆる軽い糖質制限、筋トレや有酸素運動を行い約10kgのダイエットに成功した。

やったぁあああーーーー!

 

というわけで痩せたことに対する自分へのご褒美でひっさびさにこってこてのラーメンが食いたいと思い、「二郎」に行ってきたよ!

いわゆる二郎インスパイアのお店やもう潰れてしまったが吉祥寺の「生郎」には何度も足を運んだことがあるが、

本場の二郎には一度も行ったことがなくネット上や友人から聞いた噂でしか知らなかったため、就活の面接並みに緊張しながら二郎に行ってきた。

 

そこで本記事では「ラーメン二郎 歌舞伎町店」について味の感想を書いていくよ。

広告

ラーメン二郎 歌舞伎町店の感想(味編)

IMG_20170305_114817

取り敢えず結論から言うとめっちゃくちゃ激ウマだった。

ちなみに「ニンニクマシマシ油辛め」とか頼むとジロリアンッぽくていいんだが、俺は初めてなので油も味も野菜もニンニクも全部普通で頼んだ。

 

「新宿歌舞伎町店」は二郎界隈では過剰な脂っぽさがなく上品な味と評されている。

その評判の通り実食してみると確かに二郎系の中では「上品」だと思った。

過剰な脂臭さがなく、醤油のどぎつい味もなく二郎の中では「優しい」味なのではと感じた。

バンドで例えるとファンキーなサウンドの中に可愛らしいボーカルの声が際立つ「カラスは真っ白」みたいなラーメンで中毒性が高いと感じた。

例えが適当すぎて伝わらないと思うので、詳細に説明していく。

まずはめん!

麺の固さは「普通」で頼んだがそれでも結構硬めだったので、初めての人で硬いのが好きな人でも「普通」で頼むことをお勧めする。

一本一本の麺の長さは短く、全粒粉を使用した麺のようにすぐ切れるのが特徴である。本当にすぐ「ぶちっ」と切れる。

ほぼ噛まなくてもすぐに切れるのである。どんどん食っていきたい俺のような若者には嬉しい麺である。

次にチャーシュー!

チャーシューのほろほろ具合が素晴らしすぎる。これだけを単品で売って欲しいくらいの贅沢なチャーシューである。

二郎の美味さを語る際はチャーシューがどれだけほろほろかという話がよく出るが、「新宿 歌舞伎町店」のチャーシューも二郎の名に恥じぬほろほろ具合である。すげぇ食いやすい。

チャーシューの味付けに関しては結構濃い目!

スープに沈めておいてスープの味を染み込ませて食うパターンと野菜の上とかに避難させておきチャーシューの味のみで食うパターンの両方の味を楽しんで欲しい。

俺はチャーシュー自体の味付けが濃いのでそのまま食う方が美味しく感じたが、スープの味がしみこむのもなかなか!

最も大事なスープ!

ラーメンの味を決めるのはスープの味だということに異論を唱える者はいないと思うが、

最初に少し書いたが、「過剰な脂臭さがなく、優しい味」 

これが「二郎 新宿歌舞伎町店」のスープの味でもある。そのため二郎初心者の方にも行きやすい二郎なのではないかと思う。

二郎系は店によっては醤油の味が濃すぎて食い切れずそれがトラウマになってしまう人もいるが、「新宿歌舞伎町店」に関していえばその心配はないだろう。

ただしニンニク味は結構強い方だと感じたので、初めていく人は「普通」か「少なめ」を頼むことをお勧めする。

ラーメン二郎 歌舞伎町店の感想(お店編)

新宿駅西口からのアクセス

アクセスに関してですが、お店は新宿西口(ビックロじゃないビックカメラがある方)から徒歩10分くらい。

最も治安が悪いと思われる歌舞伎町らへんを通っていかなければいけないため、気をつけていくんだぞ。

待機列

今回俺は開店10分前くらいに行ったがもう既に15人くらい並んでいて最初の列に入ることはできず地味に待たされた。

最初の流れで入りたい場合はもう5〜10分前に行くと1回目に入れるのではなかろうか。

ラーメンの頼み方

通常のラーメン屋同様食券を購入し、壁に沿った形で待たされる。

その後店員より「食券を見せてくださいー」とカウンターから言われるので、

みんな一斉に食券を頭の上にあげ店員に見えせるという珍しい儀式を行う必要がある。その際に麺の固さの好みを聞かれるので答えよう。

麺の固さ以外の好みはその後座った後に聞かれるのでそれまで「グッと」こらえておこう。

お店内部

お店自体はそこまで不潔な感じではなく、二郎にしては広い店内ではなかろうか。

ただやはり二郎にはつきものの脂っぽさが店内に蔓延している。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です